自身の望みを胸に抱いて挑む

バイトやパートの志望動機は、正社員と比べて深く言及されることは無いようです。バイトやパートと違って正社員の場合、仕事をする上での自分の意志や希望を明確に伝える事が重要になってきます。動機として、生活費を稼いだり目的のための貯金、家から近いという理由でも特に問題が無いようです。または、自身の将来における活躍の場を想定した上での技術を磨くためなどの足掛かりとしてバイトを選ぶ事も選択肢の一つになります。そして、前職の経験を活かして同じ業種で活かしていきたいというのもあるでしょう。そして急な失業のために仕事が決まるまでの間に日雇い労働で生活を安定させていきたいからという繋ぎとしての理由も考えられます。バイトの志望動機で、ある程度は個人的な都合も考慮してくれるということで志望動機の理由を聞かれた時に緊迫したものとして身構えなくて済むのは助かることだと思います。
人生初のバイトが学生時代のうちに経験する人も往々にして居るかと思います。学生の志望動機は大体は小遣い稼ぎの目的で働くというのが一般的になります。若いうちに働いて収入を得る労働の喜びを学ぶ上でバイトが手っ取り早いのかも知れません。いずれは親から自立して自分の力で生きていく段階を知る上での貴重な体験なのです。社会に関わることで自分の価値観を見つけて人に喜んでもらえる労働が出来たのなら働く意味も明確になるというものです。主婦のパートも同じく、そうした労働の価値を見つける為というのも志望動機として組み込んでも良いかと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です